便秘とぜん動運動

MENU

便秘にはぜん動運動を

便秘とぜん動運動についてですが、ぜん動運動という言葉を聞いたことがありますか?
ぜん動運動というのは便秘の解消にとても効果的な物で、ぜん動運動が正しく行われないと便秘になってしまいます。

 

この便秘にとても関係のあるぜん動運動というのは簡単に言うと腸の運動の事を言います。
腸の運動であるぜん動運動が強すぎると痙攣性便秘と呼ばれる便秘の症状になりますし、この便秘の特徴は便秘と下痢になることです。

 

そしてぜん動運動が弱い場合には、弛緩性便秘になってしまいます。ですから便秘とこのぜん動運動はとても深い関係があることがわかります。

 

ぜん動運動がもしなくなってしまったら、便意を感じられなくなるために、便秘になってしまうといわれています。

 

ですから便秘とぜん動運動はとても重要な関係にあることがわかりますよね。

 

ぜん動運動は胃の中が空っぽの状態に何か食べ物が入るとそれに反応して動き出しますから、ぜん動運動を活発にさせようと思ったら胃の中が空の時に何か食べればぜん動運動が活発になって便意を感じて便秘解消になるといわれているのです。

 

ですから朝起きてきてすぐにコップ1杯の水がとても効果があるのはこのぜん動運動を起こすためなのです。